医療の力で花粉をどうにかして欲しい

とにかく、3月のこの時期は、すぎ花粉の影響で、口にマスク、目には花粉予防の伊達メガネなどで、カバーしている人を沢山見かけます。
でもやっぱりお化粧なんかをしている女性だと、マスクをするとその都度べったり口紅なんかがついてしまいますし、美人処で接客業をしている人なんかは、お仕事中までマスクやメガネを装備するのは厳禁です。
戦後に植えた杉が成長して、日本中に花粉をまき散らす現在の状況になって、もうかなりの年月が経ちました。
そろそろ医療業界でも、予防をすると言う観点ではなく、免疫を作って防ぐ、または体質を改善する様な新薬を開発してくれても良い様な気がします。
最も、予防と言う観点では、花粉が飛散する前の段階で、体内にあえて花粉を入れる事で、免疫を作っておくと言う様な話を聞いたことがあります。
要は、インフルエンザなどのワクチンと同じかも知れません。
そうすると、ひどい花粉にならない様です。
でも、そろそろ新薬を開発して欲しいですね。