食べるペースはよく咀嚼してゆっくりと

医療機関では患者さんの指導をするにあたり、日々の食事へのアドバイスをすることもあります。
食べることは生きることであり、健康を維持していくためにも、食事とはきちんと向き合うことが大事です。
指導といっても難しいことではなく、年代を問わず簡単にできることとして、食べるペースに関しても教えてもらうことがあります。
時間の流れのはやい現代を生きる人たちは、いつの間にか食事も早く食べてしまうので、早食いの癖がついてしまいがちです。
でも食べるペースが速いのは、よく噛んでいないことでもあるので、胃腸にもあまり良いとは言えません。
健康を維持していくためにも、食事はよく咀嚼をする事、ある程度の時間をかけて食べることです。
食事の消化もその分だけ良くなりますし、よく噛むことで大切な歯を守ることにもなります。
咀嚼回数の目安胃は1口食べ物をいれたら、だいたい30回は噛むようにすることです。
食べるペースに関しての健康法は、実際に医療機関で教えられていることですから、やって損はありません。